art space kaneshiro

骨董のある生活

会期:2023年10月1日(日)〜2024年3月8日(金)

会場:京都市立芸術大学 C棟6階アートスペースk.kaneshiro
入場料:無料

CONCEPT

記念すべき第一回は、企画展「骨董のある生活」を開催します。
金城コレクションの誇る作品を、金城氏のエッセイ「骨董のある生活」を元に、氏の収集の歩みに沿いながらご紹介します。
かって「好古癖」と呼ばれた骨董の収集は、近代の文学者によって自身の美意識の表明という表現活動となりました。それぞれの眼力を競い合うような文学者の交流は、さながら現代の SNS の如く盛んになり、影響力のある者は多くのフォロワーを生みました。

文学青年であった金城氏は若くして骨董と出会い、その後事業に成功して貴重な資料や美術品を収集します。また古今東西の細かな工芸品の数々もまた愛着のあるものでした。こうした品々を手元に置き、好きな時に好きなだけ触れることは、遊びでもあり歴史や文学へのイマジネーションの糸口でもありました。ここに展示されるのは、そのほんのひとすくいですが、一人のコレクターの夢の形として伝えることができれば幸いです。

COLLECTION